ABOUT INTRODUCTION

導入をご検討中のかたへ

本気になる仕掛け

国民教育の師父と仰がれる 森 信三 先生曰く「真実は感動を伴って授受される」とのこと。
これは「真実を伝えれば必ず感動する」というような軽薄な教示ではありません。
「真実を真実として伝えるためには、そこに感動が伴わなければならない」という教示です。
受け手が感動するからこそ、受け手の心に残り、受け手はそれを大切にし、繰り返し思い起こし、大切にするのです。
単に「レポート提出をさせるだけ」等のありきたりな仕掛けだけでは ”感動の伴う真実の授受” は果たせません。
私どもでは以下複数の仕掛けをもって ”感動の伴う真実の授受” を果たします。

専用ブログ教材による予習と補完学習
学習の上長共有と上長フォローの仕掛け
経営幹部を巻き込む教育価値増大の仕掛け
気づき目標の設定と気づきレース
学びの全脳型概念化
強烈な達成感と成長感を味わう仕掛け”審査制度”
決意表明と自らの課題設定及び実践の仕掛け
職場を巻き込む学びの実践の仕掛け
仲間と共有、ブラッシュアップする職場実践
講師による対面マンツーマン指導
講師によるメールでのマンツーマン指導
職場活性コミュニケーショントレーニング
設問集教材を使った事例検討ディスカッション
効果測定ツール
自己分析とビジョン設定
自我分析と自我調整
気づき獲得のための各種研修ゲーム
職場を巻き込む360度評価と職場メンバー対話
卒業認定制度
講師による研修生の特別表彰
誓いのパネルの作成及び掲示
学びを風化させないE職場活性
フォローアップ&ステップアップカリキュラム

上記は組織活性化研修として研修導入頂く場合の仕掛けとなります。全カリキュラムに漏れなく用意されている仕掛けもありますが、必ずしも全ての仕掛けが毎カリキュラムに用意されているわけではありません。コース単位で1つの用意、設定になっているものもあります。またコースによっては用意、設定がないものもございます。ご相談頂ければ仕掛け数の増減に対応いたします。

上記各 ”仕掛けタイトル” をクリックすると、更に詳しい内容をご確認頂けますが、カーソルを合わせたりタップしたりしても色反転しないものについては、現在制作中のページとなります。今少しお待ちください。

CONTACT

はじめての導入のご相談・お問い合わせは

でお願いします

お電話での対応や回答を希望される場合は
その旨メールにご明示くださるようお願いします